利息は工夫次第で削減可能

消費者金融の金利は他の金利と比べて高いと言われていますが、工夫次第では他のローン以上に少ない利息で有効活用ができます。カードローンでの利息は、元金に対する日割り計算でかかってきます。例えば100万円借りた場合、最初の内は利息に回る金額が大きくなりますが、半分まで返済して元金が50万円になれば、利息に回る金額も半分になります。

 

金利が高いとしても、早めに返済していけば、払う利息を大幅に抑えられます。例えば金利18.0%のカードローンで10万円借入れしたとします。一カ月後に完済した場合、かかる利息は1,500円もかかりません。サッと借りてサッと返すのが、カードローンの利息を減らす一番の方法です。

 

飲み会でお金が足りない、給料日前でちょっと生活費の足しにしたい、そのような時にカードローンは強力な味方になります。例えば1万円借入れしたとして、1週間後の給料日後に一括返済したとします。金利が18.0%だとしても、かかる利息は34円です。例えば飲み会が土曜日で、自分の口座から引き出すとATMの利用手数料がかかります。カードローンの利息の方が安上がりになるならば、こちらの方が結局は得をする計算になります。

 

逆にカードローンの賢く無い活用法は、常に限度額まで借りて長々と返済している状態です。元金が大きい程、返済した部分の多くが利息に消えてしまうからです。カードローンを利用する時には、必要な分だけ借りて早めの返済を心掛けておけば、とてもお得に利用ができます。

 

それでも今の借り入れは利息負担が大きいと感じるなら、金利が低いところに借り換えて返済負担を軽減する方法もあります。借り換え先として候補に挙げられるのが低金利と話題のオリックス銀行への借り換えとなります。

 

ネットで24時間申し込みができ、口座開設不要で来店不要の手続きが可能となりますので、返済負担を抑えたい方はオリックス銀行カードローンへの借り換えを考えてみてください。