利息はそこまで大きくない

消費者金融の金利は高いと言われています。大手で数十万円の限度額のカードローンを契約した場合、大抵は18.0%の金利で利息がかかります。銀行などのカードローンでは15%以下のカードローンが多いのに比べると、金利が高いのは本当の話です。

 

ただし、金利が高いからといって、利息もたくさん払うとは限りません。例えば10万円借入れして、1年で完済をしていくとします。金利18.0%の場合、返済総額が109,860円、払った利息は借入額に対して9.9%程度です。これが金利15.0%の場合、返済総額が108,180円、払った利息は借入額に対して8.2%程度です。金利が下がっても、支払総額にそれ程の差が出ないと思ったかもしれません。

 

金利が18.0%だとしても、実際に払う利息は借入額の18.0%ではありません。返済を行うたびに元金が減っていきますが、利息はその都度の元金に対して算出されます。当然元金が減るほど払う利息は減っていくので、実際にはそれ程の利息は取られません。

 

また、金利が18.0%の場合と15.0%の場合に、利息にそれ程差がないと感じたかもしれません。長期間で高額の借入れの場合には、払う利息に大きな差が出ますが、数十万円程度のカードローンでは、長期利用でなければ、払う利息にそれ程の差はありません。

 

短期間での利用に留めるなら即日融資対応の利用先であっても負担は大きくならないので、重要となるのは返済計画なのです。