金利で選ぶなら銀行

消費者金融のカードローンの金利は高いと言われています。実際銀行などのローンを見てみると、金利が10%を超える方が少ないでしょう。消費者金融でカードローンを組んで、金利18.0%と言われて驚いた経験のある人も多いはずです。

 

銀行でも、カードローンのサービスの取り扱いをしています。地方銀行などでは金利1桁のカードローンもたまにありますが、多くのカードローンが14.0%以上の金利での利用となります。消費者金融よりは低めですが、それ程大きな差ではありません。

 

カードローンの金利が高い理由として、それだけ自由度が高い点があります。現金を引き出せるので、いうなればどんな使い道にも、容易に対応できます。例えばマイカーローンならば、自動車の購入のための借入れとなります。生活費に困ったからマイカーローンでお金を借りるという訳にはいきません。

 

住宅ローンならば住宅を担保に入れるので、途中で返済できなくなった時の回収手段がありますし、両社とも借入金額が大きいので、金利が低くても利益が見込めます。

 

カードローンも住宅ローンもマイカーローンもフリーローンも、更新などを除けば審査は1回です。ただしこれらの中で、カードローンだけが審査なしで2回目以降も借入れが可能です。カード発行後は自由に繰り返し使える分、金利は高く設定されています。

 

銀行のカードローン同士でも金利差はあります。中でもメガバンクは基本的に金利が低く設定されているので、初めて借りる方、審査に通る見込みがある方ならメガバンクの三井住友銀行から借りることも考えてみると良いでしょう。