消費者金融の金利は高い?

消費者金融の金利が高いというのは実際によく言われています。金利が高い程かかる利息も大きくなります。利息が増えれば元金も減らなくなるので、結局の支払総額が高くついてしまいます。例えば10万円借りて、利息を付けて12万円返済するのと、利息を付けて11万円返済するのと、どちらがいいかと聞かれれば誰でも後者を選びます。

 

消費者金融の金利が高いのは本当の話です。貸金業法改正によって大幅に下がりましたが、今でも銀行と比べると金利は高めに設定されています。

 

 

払う利息は実は少ない

消費者金融で実際に10万円借入れしたとします。金利が18.0%で設定されているアコムで、1年で完済するとして、利息はいくら払うでしょうか。

 

18,000円だと思った人もいるでしょうが、実際には9,860円です。確かに10万円の借入れを1年間放置すると、かかる利息は18,000円です。しかし、実際には毎月返済を行います。利息はその都度の元金に対して算出されます。返済をするたびに元金が減っていくので、段々とかかる利息も減っていきます。

 

金利が18.0%だとしても借入れ当時の18.0%もの利息が1年でかかるわけではありません。

 

銀行との利息の差額について

銀行と消費者金融では、金利に大きな違いがあります。自動車ローンや住宅ローンの場合には、金利は1桁、中には2.0%以下のものもあります。消費者金融でカードローンを組んだ時の金利は15.0%や18.0%が多く、かなりの差があります。

 

しかし、カードローンとその他のローンの金利を同じ幅で考えるわけにはいきません。例えば住宅ローンの場合、住宅を担保にローン契約を結ぶので、いざという時には住宅を差し押さえて貸付金の回収を行います。担保のないフリーローンにしても、繰返し借入れができるわけではありません。その都度審査を行います。

 

カードローンは一度契約をすれば、何度でも自由に借入れができるローンです。無担保な上に保証人なしで利用するので、他のローンと比べて金利は高くなります。

 

払う利息を減らす方法

金利の高い消費者金融でも、払う利息を減らす方法はあります。例えば10万円の借入れをしたとして、1年で均等に返済して完済をするならば、利息は1万円もかかりません。もしも数年にわたって返済していくならば、払う利息はどんどん増えていきます。

 

金利が高くても、返済期間が短ければ、払う利息は少なくて済みます。極端な話、数日で一括完済してしまえば、数十円の利息での借入れも可能です。必要な分だけ借りてサッと返す、これが利息を減らす一番の方法です。

 

大手の消費者金融なら多くのATMで返済が便利に行えるようになっているので、さっとすぐに返すことも容易いです。ネットワークの広さで選ぶなら消費者金融の中でも大手となりますので、TVCMでも見かけるやっぱりプロミスの利用を考えてみると良いです。

 

とにかく金利を抑えたい場合

すぐに返すのは難しい、ある程度の金額を借りて分割で支払っていきたい場合には、やはり金利は気になる点です。すぐに返せないとなると利息もかさみがちで、金利が1%違うだけで大きな負担の差となってきます。

 

低金利での借り入れを考えるなら金利水準が高くなる消費者金融は適しておらず、そうなると候補に挙がるのが銀行のカードローンです。銀行なら金利が何パーセントも低い契約でお金が借りられますので、利息の負担金額も大幅に抑えられます。

 

しかし、銀行は審査基準が消費者金融よりも厳しくなっていますので、簡単には借りられない点が問題です。審査に通らないといくら低金利でも意味がなくなりますので、審査基準も知った上で銀行のカードローンに申し込みをしなければなりません。

 

どの銀行でどのような状況なら通るかは明確には分かりませんが、大体の傾向であれば情報サイトを見れば分かります。銀行の中でも来店不要で借りられると評判のオリックス銀行を例に挙げれば、こちらのオリックス銀行で借りるための審査基準を見ると利用対象者が分かります。